前へ
次へ

レジンによって審美歯科治療が短時間で済む

以前は、歯が少し欠けた程度の治療でも、クラウン治療などをするために歯を削ってから歯型を取ってクラウンを製作する必要があり、クラウンが出来上がるまで2週間程度は時間が必要でした。
この間は仮歯で生活する必要があります。
レジンという素材が登場したことによって、短期間で治療を完了させることが可能になりました。
レジンは、光を当てることで固まる性質があります。
この性質のあるレジンを使うことで、削った部分に詰めて光を当てるだけで固まってくれるので、従来数週間もかかった治療がその日のうちに終わらせることも可能になりました。
レジンは自由に形を変えられるので、歯並びが悪い状態をこのレジンによって綺麗な歯ならびに補修することも可能で、しかも治療期間も短期間で済ませられます。
治療後に、噛み合わせが悪いといったトラブルが発生しても手軽に修正できるのがこのレジンの特徴でもあります。
今まで、審美歯科の治療は時間がかかると感じていた人は、レジンの審美歯科治療を検討してみてはいかがでしょうか。

Page Top